旬の時期のパイナップルを積極的に摂取すべき理由

日本国内では、沖縄本島や石垣島でパイナップルの生産が盛んに行われています。
温暖な気候を好むパイナップルの収穫時期は、沖縄本島では5月中旬から8月初旬、石垣島においては4月下旬から7月下旬となっており、地域によって多少のずれがあります。

パイナップルには、夏の酷暑による疲労回復や風邪予防に効果的なビタミンCが可食部の100g当たりに約27mgも含まれています。
ビタミンCは美肌にも有効なので、健康的なハリのある肌を手に入れたい方は、旬の時期のパイナップルを積極的に摂取しましょう。

パイナップルには、ビタミンB1も多く含まれています。
ビタミンB1は、体内でパンや白米等に豊富に含まれる炭水化物の糖質を分解して、エネルギーに換え易くしてくれます。
疲労を軽減し、集中力を向上させる働きがあるとも言われています。

その上、食物繊維が可食部の100g当たりに約1.5gも含まれています。
そのため、便秘の改善を促して、腸内環境を整える作用を期待できます。
夏場に疲労が溜まってしまう方や、日頃から便秘で悩んでいる方に、パイナップルはおすすめの果物です。アリシア ビューティー