読書という趣味は決して悪いわけではないのですが

読書とはそんなに悪い趣味ではないです。無趣味の代表格みたいな扱いを受けていることがありますがそんなことはありませんからどんどん楽しむようにしたほうがよいでしょう。ではどうすればよいのか、ということになりますが本当に好きなように読めば良いということになりますから、そんなに心配することはないです。小説でも歴史書でもなんでもよいのですから読むという行為によって知識を蓄えることができたりすることがあったりするのです。もちろん、実益などはそこまで気にするようなことではありませんから心配することはないのですがそれでも知識が増えるということは間違いないことになりますから、よくよく覚えておくとよいでしょう。読書といっても今では電子書籍と言うのもありますから、実に有難いことになります。スペースが必要になりますからそれが必要ないという電子書籍はかなり有難いことになりますから、どんどん利用していきたいところでしょう。