内閣と国会について調べたり勉強したりしました

内閣のメカニズムと様式について学業をしました。内閣は、国会の信任を土台として成立し、存続するのであるから衆議院において内閣不信任策が可決され、または内閣不信任策が否決されたときは、内閣は総退社か衆議院の解散かのいずれかを選択しなければなりません。衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に衆議院議員総選挙をおこない、選挙の日から30日以内に国会(マキシマム会)が召集されます。そのときに内閣は総辞職し、ふたたび内閣総理大臣の指名(首班指名)がおこなわれるそうです。解散とは、任期満了前に議員としてのライセンスを失わせる態度だ。これは、内閣のアドバイスと約定によって天皇が行なう国事態度の一つです。議院内閣制を採用している日本では、衆参両院でマジョリティーを占める政党が現実、地方自治体資格をも掌握することになります。政府の圧倒的を防ぐためには、国会・住民・マスメディアなどによる厳正な見張りが必要です。国会などについて学業しましたが、なおさら勉強したいと思いました。